カラテア

マコヤナ歴およそ6年。害虫との戦いは2年目。またまだカラテア初心者。

新たに発見されたカラテアの毛

いつか自分もカラテアの毛を、葉の裏の毛を撮影するかもしれない!
そんな人におすすめの撮影法が見つかったのでまずは写真をご確認ください。
もうね、なにやってんですかって話なので、目も当てれない人はそっとこの場を離れることを推奨します。

カラテアの毛に興味のある人なんているか知らないが遠慮なく話を続けよう!
まずはお馴染みのロウイサエミストの毛。
以前の写真ではこうでしたが、これが今回、こう!!

f:id:calathea:20180626213946j:plain
カラテア・ロウイサエミスト(2018/06)
流れるような毛並びが確認できますね!

普通に撮影した写真がこちら↓

f:id:calathea:20180626214010j:plain
カラテア・ロウイサエミスト(2018/06)
下からライトを当てて撮影すると、毛が光る!
ライトはどうやって固定したか?手はカメラでふさがってるので、やむなく足の指で。うん、夜になに始めてるんですかね。一生懸命やってますよ。足、プルプル。


話を続けよう。
新たな毛の発見、そう…気づいたんですよ。
サンデリアーナの葉っぱを拭きながら、あれ?もしかしてサンデリアーナにも毛があるんじゃないかと。なんか葉の裏がひっかかって拭きづらい。そこで発見した撮影法でサンデリアーナの葉の裏も撮影。
まずはbefore↓

f:id:calathea:20180626214050j:plain
カラテア・オルナタ・サンデリアーナ(2018/06)
そしてafter↓
f:id:calathea:20180626214034j:plain
カラテア・オルナタ・サンデリアーナ(2018/06)
わずかですが新たな毛が確認できました!!
なにやってるんですかね!
ちょと興奮して、これ以外にも毛がはえてるんじゃないかと寝てるうちのカラテアたちの葉を順にさわさわ、ある、いや、ない?ある…ような手触りだな…とやっててハッΣ(゜ロ゜)と正気に戻った。

自分は、いったい、なんのために、カラテアの毛を探しているんだ…と。
目的がなかったのでこれ以上のカラテアの毛探しをやめた。
懸命な判断だったと思う。


2018年 カラテアの花とその後

2018年 春から初夏にかけて咲いたうちのカラテアの花、その後。
つぼみを発見した話
 →カラテアにつぼみ - カラテア
花が咲き始めた話
 →カラテアの花がどういうわけか - カラテア

 

今回は花が咲き終えた話。
まずはフレディ。
うなだれてそのまま変色、さらにカビがはえたので、捨てた。
花が咲いたときの写真はない。撮れなかった!

 

続きましてブルレーマルクシー↓の花も撮影できてない。なんてこった!

f:id:calathea:20180627230327j:plain

クテナンテ・ブルレーマルクシーの花(2018/06)

ここまで枯れたらもういいだろうと剪定。よく見るとふんわりカビがはえてたのでアルコールスプレーして乾燥させたというかそのまま放置。
種があるようには見えない。どうすればいいのか悩む。
種らしきものがあれば土に植えてみるけど、ないよね。
受粉?させてない…ので放置。

 

ロウイサエミスト↓再アップ。

f:id:calathea:20180627233129j:plain

カラテア・ロウイサエミスト(2018/06)

 花が咲いたあと↓現在

f:id:calathea:20180627230255j:plain

カラテア・ロウイサエミスト(2018/06)

ここからどうすればいい。剪定できないのですが。
剪定したほうがよさげなのですが。
花を3つ咲かせてくれた。

 


最後にマコヤナの花↓

f:id:calathea:20180627232132j:plain

カラテア・マコヤナ(2018/06)


その後↓現在

f:id:calathea:20180627230218j:plain

カラテア・マコヤナ(2018/06)

結局マコヤナも花を3つ咲かせた。
マコヤナの花も放置。どうすればいい。
とりあえず手前の花だけ、茶色く変色した花びらをむしってみた。見た目がマシになった。それから…どうすればいい!園芸素人なので放置しかできません!

ファッシアータの新芽についてのみ

冬もハダニはいたと思う。

お気に入り具合を隠せない、うちのファッシアータが頑張って2017年冬に広げた新芽がこちら。

f:id:calathea:20180612234323j:plain

葉を広げてこうなったのではなく、葉を広げる前のドリルの頃から茶色く変色していた。開くのにも支障がありそうで、2つあった新芽のうち一つは枯れ、残った一つが頑張って広げた新芽が上の写真。不憫で剪定できない。縁のカットもできない。購入されてからうちの環境になじむまで、何枚か葉を枯らしたあとの新芽だったからなおさら。

 

冬に新芽を出したせいかと思ったけど、2017年に新芽を出したサンデリアーナもそうだったのでおそらく害虫の影響かと。それがあって2018年は、新芽が確認できたタイミングでハダニ対策を行った!

対策できた2018年 初夏のファッシアータの新芽は大きく艶っときれいな葉を広げてくれました!うっとり見とれる…

f:id:calathea:20180612234850j:plain

見とれながらも、水もあげようねと風呂場で水浴びさせた翌朝。

茎がやわすぎて大きな葉をひろげた茎の根本がポッキリ!朝から慌ててファッシアータ抱えてアワ、アワワッΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
葉が大きいから広がると重い→幼い茎、支えられず限界→折れる。

 

適当な支えでなんとかなったのか、夕方には折れた跡がうっすらに。 f:id:calathea:20180612235525j:plain

 


それにしてもうちのファッシアータ、徒長なのかな…なんかデカイんだよなぁ。タテに。

f:id:calathea:20180629225708j:plain

カラテア・ファッシアータ(2018/06)

といいながら寝てる後ろ姿にまたうっとりしたり…。

 

ファッシアータは2018年 春の新芽は3つ。葉が開く前に茎が折れないよう壁の近くに移動した。現在3つすべての葉が開き、自立できるよう茎もしっかりしてきた。

カラテアの休眠運動時、葉が動くためカサッとささやかな音が聞こえることがある。最近たまにギ、ギギ、ギ…と不気味な音がする。おそらく壁際に置いたファッシアータの音だろうと思うとその音も嬉しくなる。

もうお気に入りすぎて、大きくてお高いおしゃれな鉢に植え替えたい衝動と葛藤する日々。夏しか植え替えられないから、夏の間…悩む予定です。

2018年 梅雨のカラテア新芽

2018年 春に確認できたカラテアの新芽のその後。
春に発見された新芽
 →2018年春のカラテア新芽 - カラテア
初夏に生長した新芽
 →2018年 初夏のカラテア新芽 - カラテア

今回はまだ開いていなかった残りのカラテアの新芽の記録。


うちの残念なカラテアシリーズの先頭を走っていたカラテア・オルビフォリアの少し前の姿がこちら。

f:id:calathea:20180626213553j:plain

カラテア・オルビフォリア(2018/06)

大事な葉の一枚が枯れました!!なってこった!
でもご安心ください。
さらに現在、こうなりました。

f:id:calathea:20180629223933j:plain

カラテア・オルビフォリア(2018/06)

ようやくオルビフォリアっぽくなってきた。
残念シリーズからの脱却!よかった!


続きましてお気に入りを隠せなくなったカラテア・ファッシアータ。

f:id:calathea:20180626213334j:plain

カラテア・ファッシアータ(2018/06)

お気に入りすぎて別で詳細を述べます。


ビッタタ。←うちの残念なカラテアシリーズにトップで在籍。
まーでも2017年の終わりには葉が1枚だったところ、今ではこう!

f:id:calathea:20180626230424j:plain

カラテア・ビッタタ(2018/06)

大事な葉っぱにキズが…。ハダニがいたようには見えませんが。
気を抜くと全滅の心配があるので、定期的にチェック。
梅雨時期のメンテナンスさぼっていたため、久々のメンテナンスで見るとビッタタ、2017年を生き残った大きな葉が丸まってた!これはヤバイ!!慌てて水をあげて様子見。わりとすぐ復活してホッとした、というかこんなことばかり繰り返して学習しない自分どうなんだ。だから園芸素人なんだ!と強調してみる。

スルーしてしまったけどビッタタ、2つの新芽が無事開き、さらにもう一枚葉をつけてくれた。ありがたいよ、ビッタタ!!
でもまだ4枚なので残念シリーズにカウントされてます。
久々のメンテナンスでビッタタの大きな葉を枯らしてしまいそうになり、気合いが入ったのか最近ちょいちょいチェック。
すると…ビッタタやってくれました。

f:id:calathea:20180626230340j:plain

カラテア・ビッタタ(2018/06)

なんてこった!5枚目の新芽だ!水をあげた結果だね!
ほっそい新芽で無事に育つかソワソワするも見守るしかできない!
これはビッタタがオチに使われる…じゃなくて、残念シリーズから脱却する日も近いかもしれない!

2018年 梅雨時期のカラテア

うちだけですか、こんなにカビがはえるのは。
キノコもはえましたよ!

f:id:calathea:20180626213303j:plain

写真はカラテア・インシグニスの根本。

2016年?に初めて植え替えてからずっと調子の悪いうちのインシグニス。
おそらく慣れてない植え替えで←今も慣れてない、今はむしろ適当すぎる。土がよくないのではないかと。2017年梅雨にもキノコはえたような…。

あとカビにやられてそのまま放置だったかな…だからうちのインシグニスはずっと調子悪い。葉がくたっとして新芽はまったく出ない。購入時はガンガン芽が出ていたというのに。今年こそ土を変えてみようと思う。本当か。

f:id:calathea:20180626230705j:plain

カラテア・インシグニス(2018/06)

 

確か去年の梅雨時期も、うちのカラテアたちの土にカビがはえて、プロ農家の父と母に相談したような記憶が。すっかり忘れてた!そうだ2017年梅雨時期、カビがはえて半べそかいてましたわ!
どうすればいい!?と泣きついたプロ農家の答えがこう。
「梅雨時期に花が腐ったり病気が流行ったりするから、うちは梅雨前に薬をまいてるよ」
園芸素人「流石だね!で、どんな薬を?!」
プロ農家「室内では使えない、強い薬だねー」
園芸素人、頭抱える。

 

結局2017年はなす術なく、カビを確認しては某消臭スプレーを代用…恐ろしいことをする園芸素人。それほどカビに追い詰められていたのだと察してください。
今年はアルコールスプレーを使用してます。

昨年のカビにやられてなんてこった!をすっかり忘れて春の感覚で新芽を期待して水をあげていた今年の梅雨時期。カビを確認したカラテアはロウイサエミスト、ファッシアータ、そしてフレディ↓

f:id:calathea:20180626214750j:plain

カラテア・フレディ(2018/06)

中央の白いのがカビ。ロウイサエミストには白いつぶつぶのカビがたくさん。
ファッシアータには控えめにうっすらふんわりしたカビが。

とりあえずアルコールスプレーして水を控えた。新しい土に植え替えるのが正解だと思うけど。
クーラーはまだ稼働させていない。除湿器とコンパクトな扇風機を気休めにまわしている。自分のためでなく、カラテアのために!

新芽に浮かれて梅雨の対策をしていなかったという反省と、水をあげたのに元気がなかったマウイクィーンのその後について。

calathea.hatenablog.com

ここから2日ほど、マウイクィーンの様子を必死に観察。
日に日に葉が丸くなり、ほぼすべての葉が丸まったため水だ!と見当をつけ底面給水を行った。←葉が枯れたりすることもなく、鉢を持ったとき土の軽さも感じたから。


洗面器に水を控えめに張る。5cmほど。まだ水不足だという確信がなかった。
そしてマウイクィーンを洗面器の中央にそっと置いた。
葉が少し丸まった状態だと2時間も浸ければ水を吸って葉がもとに戻るけど、ほぼ全部の葉がクリンクリン丸まったひどい状態のマウイクィーンは2時間たっても変化はなかった。
水切れではないのか…祈るような気持ちで布団に入りがっつり就寝、一晩放置。
翌朝、怖々様子を見ると…

f:id:calathea:20180626230743j:plain

カラテア・リーツェイ・マウイクィーン(2018/06)

復活しました!水不足で正解!なぜだ!?おそらくチャタテムシを意識しすぎて乾燥させすぎたようだ!
写真は復活後しばらくした現在のマウイクィーンですが、葉が元通り元気になった姿を見て心底ホッとした。うちの残念なカラテアシリーズにマウイクィーンが名を連ねなくてよかった、と。

梅雨時期うっかりカビをはやしてしまったけど去年よりははえてない、と思う。
それなりに対策できたと思っていたら久々のメンテナンスで、水を控えすぎて瀕死のカラテアを続々確認。
水控える→カビはえない→水やらなくていい=メンテナンスさぼる→カラテアたち水切れ→枯れる一歩手前←なんてこった!!