カラテア

マコヤナ歴およそ6年。害虫との戦いは2年目。またまだカラテア初心者。

新芽を待ってたカラテア

正月以降、いたってまじめに生活していた。
ソファの上にいた時間が短すぎると実感するほど。

室内温度16℃、湿度81%、天気はくもり。今夜は暖かい。
今冬室内の最低気温は13℃だったような、相変わらずあいまいな記憶。
12月下旬から外は冬らしく寒さを増し、愛車が凍る日もあった。
うちのカラテアたちはほぼ元気に過ごしています。
育て主である園芸素人のささやかな辛抱によって。

正月明けに職場で聞かれた、この時期挨拶のような問い。
「寒いねー!暖房器具は何をつかってる?」
「…(無言で相手の顔を見る)」
気になりますか、ですよね。使ってないんですよ、って答えて理由聞かれたら説明が非常に面倒くさい。
うちの美しいカラテアたちのために、暖房をつけることで生じるであろう夜と朝の気温差を軽減するためにつけてないです、という説明が。

園芸素人、だいぶ間をおいて正直に答えた。
「うち、暖房器具つけてないです。」
「!(軽く驚く質問者)」
「いや、あれですよ、布団です。毛布とか」
「あー!そうか、」
ちょっと気の毒そうな表情をされたけど、理由が問われなかったのでなんとか乗り切ったと思う。
もともと機密性のある部屋なので、さほど労なく過ごしています。
ビール飲むと冷えるのが困る程度の辛抱。

暖冬の影響により、冬にも関わらずうちのいくつかのカラテアたちは新芽を出している。
12月下旬だったか、これはもしかして?と気づいた新芽。
写真に写せるほど伸びるのを待っていた。
ようやく見えてきたその新芽がこちら↓f:id:calathea:20190110203622j:plainカラテア・エクアドリアナの新芽。

うちに来た当初がこう↓f:id:calathea:20190110204133j:plain

 

うちで過ごした数ヵ月後の現在がこう↓f:id:calathea:20190110221255j:plain

待望の土からの新芽、ということとなぜこうなったかという物語、いやただの記録。

カラテアのことが知りたくて、カラテアがたくさん載っていそうな本を購入。
カラーリーフプランツ。
その本で初めて知ったカラテアの一つがそう、カラテア・エクアドリアナ。
これまで聞いたことも見たこともないカラテアだったから、流通してないだろう…が第一印象。
もし、万が一でも出会ったなら絶対に買う!リスト入りしたのは言うまでもなく、本に載っていた写真をうっとりながめていた。

そして日課というかもはや習性でカラテアをネット検索。
そこで偶然、エクアドリアナ発見!!
うぉ!これ本に載ってたやつだ!!まじか!奇跡すぎる!迷わず買うわ!!という狂喜乱舞な内心に冷や水を浴びせたのはそのお値段。
お高い。自分には充分お高い数字だ。
購入ボタンを押す、人差し指に迷いが。
買って無事に育てられる自信があれば、値段になど迷わない。
でも自分は自信を持って言える、園芸素人だ!!
このお値段、枯らしてしまったらどこまで自分は沈むだろう…。
さらに希少種を枯らしてしまったという罪悪感も上乗せされるだろう…。

どうする?買うか、買うまいか。
愛情は湧いても無事に育てられるか?
ぐるぐる考えている間に、売り切れてしまうかもしれない。
急いで決断しなければ。もう二度と巡りあえないかもしれない。
ポチ…

なんだろう…2018年は自分のなかでレアに位置するカラテアたちに出会ってしまって、ポチ…っとしまくった一年だったなぁ…としみじみ思った。

興奮しすぎてご購入したエクアドリアナ。
その全長などまったく確認していなかったせいか、届いた箱に「家具ですか!」とつっこみ入れるより、やばいこれ、この大きさこの狭い部屋にどうする、の不安の方が大きかった。
けど箱から出した瞬間、そんなどうでもいい問題はどっかいった。

数ヵ月後の今の姿はアレですが、それはもう届いた当時の美しい姿といったら。
鉢をまわして四方八方から眺めては…うっとり。
今は見る影がアレですが。
写真では判断が難しかったけどゼブリナ、ヴァルセヴィッチーと同じく葉の表はビロード状の光沢。わずかに波打っている。
葉の裏は真紅かー!と感嘆するほど赤く、またうっとり…。

思う存分うっとりした後はいつもの害虫チェック↓f:id:calathea:20190110204104j:plain

害虫よりもまず、茶色い葉っぱをちぎりたくなったので、こう↓f:id:calathea:20190110204040j:plain

ちぎってやった、となぞの満足感を覚えてから害虫チェック。
いない!きれい!と思っていたらいました。
後から気づいたけど、すぐ上の写真にも写ってました。(写真の左下の根本)

f:id:calathea:20190110203956j:plainちっちゃいカタツムリ。
これが外で見たなら、かわいーねーで終わるけどここは室内。部屋の中。生活空間。

庭ですらプロ農家が憎々しげにカタツムリをアレするのを目にしていたので、肉眼でようやく確認できるほどの小さなカタツムリでも容赦しないことに。

よくよく観察すると、このちっさなカタツムリ…たち、どんどん発見された。
数日は見つけ次第、破壊…アレして処分してましたけれども数が減らない。
次々に見つかる。
これはおそらく、たまごから還ったのだろう。ということは数は知れない。
どうする…室内で薬剤は使えない。
懸命に考えた結果、表面の土を5cmほどえぐって捨てることにした。
たまごとカタツムリはそこまで土深くに埋まっていないだろう、と予想して。

結果それが効を奏し、カタツムリはほぼ一掃された。
ここで終わらないのが園芸素人。
えぐった土の後に、当然あたらしい土を足した。
土をいれるまえに元々の土が湿っていたのは確認していた。でも新しい土は当然、乾燥している。
一瞬迷うも土をなじませるためにも水をダバーとかけ、まだカタツムリの残党を警戒していたので他のカラテアたちと遠く離れた玄関に置き、しばらく様子をみることにした。

それもよくなかった。
玄関は風通しが悪く湿気がこもりやすい。
陽も当たらない。
つまり大方の予想通り、カビがはえまして…。

「妹よ、お高い値段のカラテアをポチったのだが、ある日を境にその美しいカラテアの葉がどんどん、どんどん枯れていくのをただ見守るしかできないこの心境を、想像できるか…?」
「…いくらしたの?」
「うん…高かったよ…」
何度も同じことやらかしてる園芸素人。今回はお値段のせいか、悲しみを一人で抱えられず妹さまに不安な胸の内を漏らした。
それ以上聞いてくれなかったのは妹の優しさなのか、まったく興味がなかったのかどちらなのかわからない。
でも妹さまの表情見ていたら、値段言えなかった。
この悲しみは一人で抱えることにした。
慣れてるし!

葉が枯れ、太い茎までカビに侵され、できることといえばアルコールスプレーと自然乾燥のみ。
乾燥を早めるために鉢の下にぐしゃぐしゃにした新聞紙を敷いたような。
特等席にいたお気に入りのファッシアータを床に降ろし、そこにエクアドリアナを配した。
ファッシアータも調子よくないのに、ごめん…と心で謝りながら。
つまり、自分にできることはそれぐらいで…あとはエクアドリアナのことを信じるしかなかった。

土が乾いてしばらくすると、葉枯れとカビがおさまり小康状態。
もちろん、新しい葉が伸びる気配もなく秋になり…。
このまま冬を迎えるのだろう、いや、茎の数が減ってしまったがこの状態でも生きていることが素晴らしい…!とエクアドリアナを遠くから見守っていた。

そしてすっかり忘れた頃に、そろそろ水をやろうと見ると、茎と茎の間から新芽が!

f:id:calathea:20190113194002j:plainエクアドリアナ、元気になってくれたのか!!
このときの新芽には心で泣いた。

その後は暖冬の影響もあり、新芽が3枚ほど伸びた。
寒い季節の新芽だったせいか、開いた葉はダメージを負っていたけど。
持ち直してくれた証拠なのでそこも愛でてます。


新芽を確認して安心してからのさらに現在ほぼ放置、ではなく冬ということもあり水を控えていた。
ひさびさに水をやると今度は茎の間でなく、ついに土からにょきっと新芽2つがはえてきた!という話。
あーよかった、よかったよ…と安心してソファの上に戻った次第ですが、どうやら風邪をひいたらしく、妹さまに鼻で笑われるかもしれないほどの微熱が。
ということで布団の中からお届けしました。
ソファの上から布団の中に移動しただけで、普段の休日となに一つ変わらず過ごせていることに違和感ないのが違和感しかない。

カラテア前後2018

洗濯機が動かなくなり、パソコンも起動せず、ついにはテレビも電源がはいらなくなった。必然的に静かな日々を送ってます。
家電が次々に壊れていった2018年。
うちのカラテアたちのビフォーアフターと、暖冬なせいでうっかり出てしまった新芽を記録。

まずは、こちら。

f:id:calathea:20181228213650j:plain

カラテア・エクアドリアナ(2018/12)

カラテア・エクアドリアナ。詳細は後日の予定。
今回は写真ばかりのため表示が重い。
月末でスマホが絶賛速度制限中の自分が、自分の記録を見られないなんてこったな仕様となります。

続きを読む

暖冬のカラテア

ビールも牛乳も飲まない風呂上がり。
ぼーっとしながら窓辺を占拠しているうちのカラテアたちを眺める。
歯を磨きつつ上から眺めるのも好きだ。

ぼーっとしながらも一鉢ずつ順に目視。
アルゲンティアが病気か虫か、なにかにやられて急激に葉を傷めはじめたため、注意するようにはしていた↓

f:id:calathea:20181222213617j:plain



「ん…なんだアレ?」
アルゲンティアの根本に白い綿ぼこりのようなものを発見。
灰色の綿ぼこりなら掃除してないから納得、でも妙に白い。遠目から、発泡スチロールのような小さい白いゴミを2箇所に確認した。
白いゴミに心当たりがなく、鉢ごと持ち上げる。

そろそろ老眼を受け入れねばならない。
じっくり近くで観察。なんのゴミだ?

f:id:calathea:20181222151422j:plain

あ…これ、ゴミじゃない。
あぁあぁあああ…暖冬の影響か!

つぶされてるそれらをひっぱり出すべく、ピンセット用意。
茶色いピロピロをちぎるために、つい先日100均でご購入したばかり。
まさかこんなことに使うとは!
で、ひっぱり出されたのがこちら↓

f:id:calathea:20181222151357j:plain

どうやらアルゲンティアの花、らしい。
がっつり茎の中に埋まってたので、あまり傷つけないよう丁寧にひっぱりだした。
花と一緒に…なんかまたにょきっとしたものが出てきた。
花は初めて確認できたけど、にょきっとしたものはもう3つになります…ね。

暖冬すぎる。
雨や曇りの日々が続き、数日室温15℃以上で今夜は18℃もある。
毛布をかぶらなくてもいいぐらいだ。かぶってますけど。
湿度も相変わらず高く80%前後をキープ。
狙ってない、室内の気密性が高いらしく自然とそんな環境。
洗濯物を室内に干し、除湿機を稼働させるとしばらく湿度75%以下。
翌日には80%近くに戻る。
カラテアたちにとっては湿度高いほうがいいかもしれない。
カビが繁殖しやすいので困るのですが。
年中湿度が高いため、葉水はほとんどしない。
たまに水切れのとき風呂場で水をあげたついで葉水。そして換気扇をまわした風呂場に一晩放置。
室内の湿度を上げたくないので、できるだけ葉水も風呂場で。
自分が風呂からあがって温度計を見ると、湿度が上がる。つまり、高い湿度は自分のせいだ、どうしようもない。

話を戻そう。
アルゲンティアの花はどれくらい咲き続けて、開いたらどんなだろうとわくわくしていた翌朝。

f:id:calathea:20181222212833j:plain

白い花に茶色い部分が。
ひっぱり出すときに傷をつけてしまったのだろう、と嘆いた。

少しぐらい茶色くても花が開けばいいや、と思って見守り続けた。
発見から3~4日後↓

f:id:calathea:20181222204546j:plain

…そのまま茶色くなった。
どうやら発見したときが開花のピークだった、と思われる。
日中は見てないので詳細は不明。

そうか…このにょきっとしたものはすでに花が咲いた後なんだな…。
それならもういらないじゃないか、という気持ちが大きくなった。
ただ問題は、いつ、この不要なにょきっとしたもの3本を剪定するか。
f:id:calathea:20181222215221j:plain

青々してるものは剪定できない。園芸素人すぎて手が出せない。 
その前に葉っぱが全部傷んでいるから、アルゲンティアが丸坊主になりそうで怖い。

もし葉っぱを全部剪定したなら、そこにはにょきとしたものだけがはえ、それはもう見るたびに自分は複雑な感情でいっぱいになりそうだ。
つっこみどころ満載のうちのアルゲンティア。
暖冬の影響で新芽をいくつか確認できたので、そうならないことを祈って今夜も見守ってます。

エルガーとブルーなカラテア

記録をはじめるきっかけになったカラテア・ブルーグラス
2018年の春にご購入。

f:id:calathea:20181219223559j:plain

葉の先がすべて茶色く変色したため、カットされています。
ほぼ放置。日当たりのない場所に置かれ、あきらかに生育不良。
夏にハダニにもやられて散々な目に遭っている。


ネットをさまよっていて、カラテア・ルフィバルバ(エルガーグラス?)に似たブルーグラスなる品種があることを知った。
でも正直、ルフィバルバもといエルガーグラスとの違いがわからなかった。
どっちも見た目、毛だらけのカラテアと認識したし、葉が波うってるのも同じ。
なにが違うのか写真では判断できなかった。
とりあえずブルーグラスなるものもある、と記憶。

 

春になると、ようやく観葉植物が園芸店に並びはじめる。
足を伸ばして郊外のおしゃれ園芸店へ。
そこに並んだ見慣れたカラテアたちを愛でていると、ふと違和感を覚えた。
ルフィバルバ。うちにいるルフィバルバと同じはずなのに、違和感。
ディスプレイされていたルフィバルバは、同じく毛だらけで触り心地がいい。
いいけどなにかが違う。
なんだろう…わからず、首をかしげる
葉っぱをなでなでしながら、違和感の正体をさぐる。
わからない。わからないまま時間が過ぎる。

考えすぎだろうと、その場を離れて他のカラテアの葉っぱをなでるも、やはり気になりルフィバルバの前に戻る。
なにかが違う、気がする…思い出せ…うちのルフィバルバを、どんな姿だったか。
必死に思い出そうと記憶をたどる。
スマホで写真撮っていれば、こんなに悩まなかったのに!!

なにが違うかわからず、スッキリしない!
あーうー心の中で唸りながら、うちのルフィバルバと、目の前のルフィバルバの違いを探る。

観葉植物を前に眉間にシワを寄せ、腕組みしながら微動だにしない客、うん。不審者だ!

粘って粘って、ついにうちのルフィバルバを思い出した!
うちのルフィバルバの葉の裏は確か、赤紫色だ!
でも目の前のこのルフィバルバの葉の裏は、緑だ!!
違いに気づき、もしかしてこれ、つい最近知ったブルーグラスという品種では?と思い即ご購入。

帰って見比べ、やはり違う種だったことにスッキリ!と、新しい品種に出会えたことに歓喜
そんなことがあって、自分が出先で新しいカラテアを迷わずご購入するためにはじめた次第です。

 

ちなみにブルーグラス、葉の表面はツルツル。毛がはえてない。ツルツルすぎてこれもこれで触り心地よし。
ルフィバルバは葉の表面も毛羽立ってる。
わずかな違いを探すのも地味に楽しいと思った。

訂正。
違いがわかれば楽しいけど、はっきりとした違いがわからないうちのビューティースターたちは悩みのタネでしかない。
見るたびに悩んでます。

放置甚だしいカラテア

休日。 
コーヒーを飲むため湯を沸かして放置していた。
そろそろ沸きそうだな…とソファからのそり体を起こす。
すっかり寒くなった。
被っていた毛布をあらためて被りなおし、台所へ向かう。
フローリングが冷たい。素足に直に伝わる冷たさに、さむっと身震いした。

ポットからゆらり湯気が出てた。
沸騰する音までもう少し。
炎が上がるガスから距離をとって、待機。
むかし、首から下げてたタオルをガスコンロに近づきすぎて焦がしたことがあった。毛布に火がついたら大変だ。

床の冷たさに耐えながら、まだかまだかと湯が沸くのを待つ。
湯気が上がるのをぼーっと見ながら、どうでもいい事が浮かんできた。
この寒い季節、自分と同じように毛布を被って家中をさまよう人はどれぐらいいるものだろうな…裸族よりは少なそうだ…。毛布被ってるから毛布族か?いや、なんか語呂がよくないな。裸族に対抗できるような名前を…。
そもそも、暖房機具をつければ必要のない格好だ。そうなるとコタツ族なるもののほうが多いかもしれない。
湯が沸く直前まで、そんなどうでもいいことに思いを巡らせてしまった。

以前、宣言した通り2018年の冬も暖房器具をつけず過ごしてます。
暖房器具をつけると寒暖差が激しくなり、室内で一緒に過ごしているカラテアたちに負担がかかるのではないかと思い、文明の利器に頼らず2017年の冬を過ごしたところ、うちのカラテアたちが無事に越冬できた。気がしたので、2018年の冬も同じく暖房器具なしで過ごす。

2017年の冬は厳しかった。
正直、室内温度が10℃を下回ったら暖房器具に頼ろうと思ってた。
自分もだけどカラテアたちもさすがに10℃以下は厳しいだろうと思ったから。
記録をとってないので記憶が曖昧ですが、結局10℃以下になったけど数日だったせいか暖房つけるタイミングを逃して、結果的に布団で冬を乗りきった。
カラテアたち、特に気にかけていたのは2016年にボロボロの姿で越冬したカラテア・メダリオンが葉を茶色く枯らすことなく2017年冬を無事に越せたので、今年も必然的にそうなった。
数日の10℃以下より、毎日暖房つけたときの朝晩の気温差のがカラテアたちにダメージを与えると実感した。
今年は暖冬なので余裕すら感じている。
毛布は手放せないけど。

 

他のカラテアたちが記録されるなか、2017年夏からずっとうちにいたカラテア。

f:id:calathea:20181217214111j:plain

クテナンテ・ブルレーマルクシー・アマグリス、でいいのかな。

某園芸店で一年間見守っていて、こいつは寒さにも強いなと認識され、放置も甚だしいカラテア。

園芸店でその存在を知ったのは2016年夏。
いつも通う園芸店とは別の店で、少々おしゃれにディスプレイされてました。
ほしいカラテアを買い尽くして、金に余裕があったら買おうと思っていた。

季節は夏から極寒の冬へ。
そのカラテアは、半屋外で葉が茶色く変色して丸まっているにもかかわらず、定価で売られ続けていた。
いやいや、さすがにその姿で定価では買えないよ。
園芸素人はそう思いながら、そのカラテアを見守っていた。
値引きされるのを待っていた、のが本音。
茶色く小汚ない姿になりながらも、そのカラテアはずっと定価。
不憫で買おうかなと何度も思ったけど、園芸素人すぎて購入に踏み切れないまま春が訪れた。

2017年春。
定価であり続けたそのカラテアは、徐々に定価の姿まで復活していく。
ずっと見てた、見守ってたよ。

夏には定価通りの姿に復活!すごいね。

それでも少々お高いお値段でしたので、偶然ネットで出会った安い値段の同じカラテアを思わずポチっと。
情はわいたものの見守っていたカラテアの半値以下だったので。
 

購入後の2017年夏、植え替えようと思ってましたけど、見守ってたカラテアが寒さにも強い姿を見ていたら自然とうちでも放置がすぎる扱いに。
放置しすぎて変な病気?か害虫にやられてる様子ですが、それにしても元気に新芽は出るわ増えるわ、元気だ。
放置でも元気に育つのはやっぱり、クテナンテ系のカラテアだなと思っている。
植え替える鉢は用意したので、2019年の春には植え替えたいと思っています。
うん…遅いね!