カラテア

 マコヤナ歴およそ7年。害虫との戦いは3年目。まだまだカラテア初心者。

同じカラテアは持たない

トイレから定位置のソファの前に戻ると、その有り様に思わずつぶやいた。
「これは…巣だな。」
広くないソファの上に、数冊の書籍とタブレット、クッションとスマホ、そして脱け殻のような形を残す毛布。

ごそごそとソファの上に戻り、隙間なく毛布を体にまとわせ、タブレットを持つ。
画面が動かない。絶賛速度制限中で動かない。
スマホも同じ理由で動かない。
そして自分も、NOW LOADING...の文字を見るだけでソファの上から動かない。

よく見てないけど、窓の外がまぶしかったなあ。
風の音もなく暖かな陽が部屋に射し、おそらく穏やかな天気の休日。
さっきまで、カラテアたちの枯れ葉の剪定をしようと思ってたのになあ…。
確か先週もそう思ってたなあ…。

 

何度か宣言していますが、自分は同じカラテアを持たない主義。
愛情が片寄ると思われるため。
そのせいか、枯れたかどうか判断できないカラテア・ドッティ、ロージーとロセオピクタも買い直せない。まだ枯れていませんから!!

f:id:calathea:20181113225722j:plain

↑おそらく、数ヵ月ぶりのロセオピクタの希望の新芽だと。
どの芽が出て、無事に成長するか判断できるまで買えない縛りだ。

愛情が片寄らないために、同じ種のカラテアはもたない!
そう決めた。
うちにある、どのカラテアも美しい…。
美しいカラテアといえばその名が現しているこちら、ビューティースター。

f:id:calathea:20181109224637j:plain

カラテア・ビューティースター(2018/11)

はい、ビューティースターが2つ。
同じ種は持たないと宣言したそばからこの有り様!
ここから盛大な言い訳がはじまります。
去年の2017年11月の話。

 

ご存知のようにうちのプロ農家はともに趣味が園芸でして、たまに遠出する。
そこでやはり趣味が園芸のため花の苗に目がいく。その習性に目をつけた園芸素人。遠出した先で植物を物色するならついでにカラテアも見てくれませんか、と。
場所が違うと仕入れも違い、新しいカラテアに出会う確率が上がるから。

半分本気でプロ農家に使命を与え、しばらく経った平日のちょうど休憩時間に普段まったく鳴らない自分のスマホに着信が。
プロ農家父「おい、カラテアを見つけたぞ」
園芸素人「なに!?なんて名前?」
プ「カラテア・ふぁんたじーすたーとカラテア・ないとえんじぇる」
素「なにそれ!?聞いたことない!いやでもファンタジースターは怪しい…」
プ「買うのか?買わないのか?」
素「気になるけど…値段いくら?」
プ「どっちも700円や」
素「よし、買いで!よろしくお願いしますっ」
その後、仕事に集中できなかったのは言うまでもない。
どっちもいやにファンシーな名前だなと期待と不安が。
カラテアって名前ついてるけど、もしかしたらカラテアですらない可能性もある。

仕事終わり、待ち合わせて代理で購入してもらったカラテア・ふぁんたじーすたーがこちら。

f:id:calathea:20181109224611j:plain

カラテア・ビューティースター(2018/11)

ふぁんたじーすたー…スターがついてたから、もしかしてと思ってたら案の定。
つぶやく園芸素人。
「これ…ビューティースターだ…」

プロ農家「そうか?」
ピンとこないプロ農家と、テンションが下がる園芸素人。微妙な空気が流れた。
金は払わねばならない。

園芸素人が微妙な空気を醸した理由がこちら↓

f:id:calathea:20181109224625j:plain

カラテア・ビューティースター(2018/11)

カラテア・ビューティースター。うん、数ヵ月前にご購入したばかりだね!
なんてこった…。
同じカアテアは持たない主義なのにビューティースターが2つに…。
とりあえずもう一つのナイトエンジェル名のカラテアは、欲しかったカラテア・シャインスターと判明したのでテンション上がった。

 

うちに帰って買ったばかりのカラテアたちを眺める。
ケルトン仕様のおしゃれな底面給水タイプの鉢だ。
緑のスポンジに植え付けられ、紐がひょろっと延びている影が見えた。
底面給水タイプの鉢が初でふと気になり、パカッとはずしてみた。

瞬間、見なかったことにしたかった。
根っこから底面給水用の紐までびっしり白いカビが。
うへぇ、である。
一年後この程度のカビは見慣れる事態になるのですが。

ここまで酷いカビはこの時が初だったため、えらい慌てて植え替えねば!!と突き動かされた。
真冬で植え替える時期は過ぎてたけど、このままだとカビにやられて冬を越せないのは園芸素人でも判断できた。
ビューティースターを植え替えるために購入していた鉢に、ファンタジースター改め、冷水でじゃばじゃば洗ったビューティースターを植え替えた。
シャインスターも微妙にカビがあったので、こちらも同じく植え替えられました。

 

同じカラテアは持たないと宣言したにもかかわらず、こうして2つのビューティースターが揃ってしまったわけですが。
自分では直接購入してないからルールは破ってないことにした。

2つ持たない理由にあげた、愛情が片寄る説。
これもあながち嘘ではなく案の定、カビがはえた方のビューティースターを目にかけ、先に購入していたビューティースターは現在、ほぼ放置。
おかげで元気なのかもしれない。

 

ちなみに株分けで増えたクテナンテ・オッペンハイミアナが現在3株、マウイクィーンも2株に増えたけど同じ理由でルールは守られている、と思っている。